発達障害が起こる原因はまだ解明されてはいませんが、発達障害と発覚する人は年々増えています。

発達障害の人でも得手不得手を知り自分で自分を理解し職場の体験実習などをしていくことで、何が適しているのかを把握することができます。

自分の適性を把握することによって、長く勤務することができる職場を見つけられることも少なくありません。

スポンサーリンク

発達障害の人の就職先とは

発達障害のある方の就職先というのは、それぞれです。

適性をしっかりと理解していることによって、商社なや自動車販売店などに勤務されている方もいます。中にはパソコンの高いスキルを活かして、IT企業に勤めている方もいます。

どうしても障害があると、就職先が限られてしまったり、支援を受けている施設からの紹介で行くところが決められていたりすることもあるため、自分の能力に見合った場所で働けないことから、周囲とのトラブルを引き起こしてしまったり長く続けて働くことができなかったりしてしまうのです。

 

近年の発達障害者の就職事情

それでも近年は、障碍者雇用の実現に力を入れていたり積極的に行っている企業も多くなってきていることから、以前よりは就職先の幅も広がって自己の能力に見合ったところで働くことができる場合も増えてきています。

もちろん、ハローワークなどでも障害を持っている方を受け入れられる企業の求人が寄せられています。仕事の内容は様々です。

障害があるからといって、あれができない、これができないというわけではありません。多くの方が自分の長所を生かすことができる職場で活躍されているからです。

人それぞれ得意とするところ、不得意とするところが違います。得意とするところをしっかりと把握し、それを活かすことができる職場を見つけることが大切です。一般企業、IT関係、販売業など活躍することができる職場というのは多岐にわたります。

 

 支援を受けながら仕事を探す

仕事先を見つけるには、支援を受けながら探す方法もありますし、自力で探されている方もいますので、これでなくてはいけないということはありません。

どこで働くかによって、障害を持っている者が有意義に働くことができるかどうかが決まってきます。働ければいいというのではなく、自己の能力に適したところで働くことによって長く働くことができるようになります。早く働きたいからといって安易に行動してしまわないように、しっかりと自分との能力を見極めながら就労先を見つけていきましょう。

以下記事も合わせてご覧ください。

発達障害の人は就職が困難?ミスマッチを防ぎ継続的に働く秘訣とは

 

まとめ

発達障害の人の就職先は様々です。

中には多動だけど、その分ものすごくエネルギーがあり成功されている方もいます。

自分の特性を理解して自分にあった就職先をぜひ探してみてください。

 

スポンサーリンク