発達障害といってもいろいろな症状があります。

精神障害の場合は軽い場合は障害として認識してもらうのが難しいことがあります。

そのため社会に出てからも周りの人とうまくなじめない、周りの人と衝突する、新しい環境になじめずに二次障害として精神的疾患にかかるケースも少なくありません。

スポンサーリンク

発達障害に適した働き方とは

発達障害を持つ方に適した働き方とはどういったものなのでしょうか。

適した働き方は、その人の持っている障害の度合いや状態によっても異なります。

障害が重い場合は幼少期から療育を受けるため、その後のサポートも手厚いのですが、軽い場合は健常者として育ってきているため、就職してから自分ができないことが増え、もしかして発達障害?と思うことが出てきます。

 

障害を持っている人が働きやすい環境を整えるには、周囲に障害を持っていることを理解してもらうことが最も重要になってきます。

知的障害がない精神障害者の場合一般の人と異なる点が見られにくいため、どうしてもその人の性格や考え方に難があると周りから認識されてしまうことがあります。そのため、何度も同じことを注意してもなかなか改善されない場合もあるため、扱いにくい人材としてみなされてしまいます。

その影響で段々と自分の居場所が失われて来たり、与えられる仕事が制限されてきたりと職場で孤立することが増えてしまって、結局会社に居づらくなってしまうこともあります。

 

職場の理解を得る

就職前に自分に障害があることを知っているのであれば、それを理解した上で雇用してくれる会社を選ぶと働きやすいと考えられます。

周りも障害があるということを前提で接してくれるようになりますので、たとえ普通の人とは変わった面が出てきた場合でも、障害だからと理解してくれるようになります。

会社勤めをするようになってから障害があることが発覚した場合は、それを速やかに直属の上司に伝えることも重要です。

早めに伝えることで上司も障害があることを理解して、今までの言動が障害によるものだったということをわかってくれるからです。

 

 

新しい職場を探す道もある

今の職場にどうしても馴染めない、一から出直したいという場合は新たに就職先を探す手も有効です。

就労支援事業施設で「発達障害」として企業側とマッチングを行い求職を行います。

この場合は企業側もすでに「障害者」を前提として雇用することとなりますので、ミスマッチも起こらず、会社に入社したあとの配属などについても考慮されます。

発達障害の当事者にとっても就職しやすくなるだけではなく、就職後も手厚いサポートがありますので通常で就職先を探すよりもメリットが大きいです。

詳しくは以下記事をご覧ください。

発達障害の仕事探しのコツとは?失敗しない就職先の探し方を考える

 

まとめ

発達障害の方にとって働くことはとても困難を伴うことがあります。

職場からの理解の難しさや就職先探しの難しさもあります。

どうしても今の環境に馴染めない場合は思い切って転職を考えるもの良いと思います。

発達障害を支援してくれるサービスもありますので、以下記事もぜひ参考にしてみてください。

発達障害の人は就職が困難?ミスマッチを防ぎ継続的に働く秘訣とは

 

スポンサーリンク