発達障害を持っている人で仕事を探している人は、どのような方法で支援してもらえるのでしょうか?

現在は、発達障害も広く認知されるようになってきていて実際に発達障害だけど就職している人はたくさんいます。

また、法律により障害者の雇用も雇用人数に応じて割り当てられたり補助金などがあるため増加傾向にあります。以前と比べると障害者も発達障害の人も働きやすい環境になりつつあると言えます。

スポンサーリンク

 ハローワークなど公的機関を利用しよう

就職しようと思ったらまず思いつくのはハローワークですよね。

ハローワークでは職業相談や就労準備、職業紹介、定着まで一貫して支援しています。

他にも障害者職業センターではハローワークと連携し、発達障害を持っている人の職業能力評価をしてくれる他、就職するための準備や技術を身につけるための支援をしてくれます。

障害者就業・生活支援センターでは、様々な福祉関係施設と連携し就業の支援や訓練、障害者が働きやすい職場環境の整備などを行う支援をしています。こちらの支援センターでは、発達障害の人でも働きやすいようにトライアル雇用制度を受けることができ就労体験もできます。いきなり就職して職場が合わず辞めてしまう発達障害の方も多いため、就職する前に就労体験ができるというものです。

発達障害の様な障害を持った人がトライアル雇用制度などを使って就職すると発達障害者雇用開発助成金が企業側ももらえます。このような奨励金の効果もあり、企業も発達障害のある人を受け入れる数が増えて来ているのです。普通にハローワークで探すよりも害者就業・生活支援センターの様な所が見つかりやすいかもしれません。

 

 支援施設をうまく利用しよう

発達障害の方でこのような支援施設を活用した場合、特性を知った上で紹介してもらえるので就労してからも長続きする職場が多いです。

発達障害の特性として同じことを熱心に行うということができます。これは、一般の方より集中力が高いので企業で同じ作業を繰り返し行うような仕事の場合、発達障害の人を選ぶことも多いくらいです。

工場作業やスーパーなどのお店の品出し作業、清掃やクリーニング作業、事務系なら簡単なデータ入力など発達障害の人には向いています。

他にも芸術分野や研究者など才能に秀でた発達障害の人もたくさんいますので、発達障害の人の可能性も皆無というわけではありません。

発達障害の人でも社会の役に立つ仕事を持っている人はたくさんいますので、支援施設などを上手に利用して就労して下さい。

 

継続的に働いていくためには?

それでは、継続的に働いていくためには具体的にどのような施設でどのようなサポートを利用すればよいでしょうか?

一番おすすめなのは、職探しと就職後のサポートを一挙に受けられる就労支援事業施設です。

自分にあった職場というのは一人で探す場合はそう簡単に見つかるものではありません。これは障害者の方に限ったことではなく、働く人すべての問題です。

また、職場がようやく見つかってもその後が一番大変で、職場できちんと馴染めるか?とか、人間関係が上手く構築できない、など様々な悩みを抱えることになります。

発達障害の人は特に就職後のサポートが必要とされます。

 

就職支援事業施設の中には、職探しと就職後のサポートを一挙に受けられる事業所もあります。

それが「ラルゴ高田馬場・ラルゴ神楽坂」です。

障害者向けの就職エージェントが全て無料で利用できますので、まずはこちらから登録し仕事を探してみてください。


発達障害の仕事探しのコツとは?失敗しない就職先の探し方を考える

 

まとめ

発達障害の人にとっては就職先を見つけてもその後にうまく会社に馴染めるかどうか、上手く働けるかどうか、というところが一番の悩みどころではないでしょうか。

そういった場合はぜひ支援機関を利用して、手厚いサポートを受けながら就職先探しおよびその後のサポートを受けましょう。

 

スポンサーリンク