発達障害の方が就職を試みようとすると、その状況はかなり厳しいと考えられます。ここ数年はいわゆる売り手市場が続いていますが発達障害の人にとっては厳しい時代であるのが現状です。

しかし働き方も多様化していますので発達障害の人でも自分にあった就職先を見つけることが可能な時代です。では、どのようにすれば企業とのミスマッチを防ぎ自分にあった就職先を見つけることができるでしょうか?

スポンサーリンク

コミュニケーション能力至上主義の世の中

発達障害者の就職を困難にしている理由の一つとして考えられるのが、コミュニケーションを苦手としている点があげられます。

一般的な就職試験では書類による選考や、ある程度の能力を判断するための筆記試験、応募者の人物像を把握するための面接試験によって構成されています。筆記や書類で選考を通過することができたとしても、面接試験で落とされてしまう可能性が高いのです。

どのような仕事に就くにしてもコミュニケーション能力は求められるスキルの一つであり、それが上手くとれないと周りと協調性を持って仕事をできない、日常業務にも支障が出ると判断されやすいのです。

中には頭脳明晰で難関大学に合格できたとしてもなかなか就職できないと言う人も少なくありません。

 

企業側の求める人材

他にも発達障害の方が仕事を得ることを困難にしている理由があります。

それは今どこの企業でも雇用する人材に関してもより優秀な人材を確保したいという傾向が強くなっています。

昔は日本企業も人材を育てる余裕がありましたが、長い不景気の影響で人材を育てる経済的余裕がない企業が増えているのです。

そのため新卒に関しては高いスキル、既卒者に対しては経験を求める傾向が強まっています。

さらには人件費を抑制する動きも目立ってきていることから、最小限の人数で仕事をこなすことが強く求められており、一人がさまざまな仕事を兼任して行うようになってきています。

発達障害の方は一つの仕事を集中して行うことを得意としていますが、複数の仕事を同時進行で行うことを苦手としていますので、現代社会が求めるビジネスパーソンの資質に欠けていると判断されてしますのです。

そのためせっかく仕事に就くことができたとしても、職場に馴染めなかったり、雇用後に解雇されてしまうケースもあります。

 

発達障害の人が就職を成功させるためには

就職を成功させるためには、就職の支援サービスを利用してみましょう。自分の力だけでは上手く行きません。

こういう場合はぜひ公共のサービスや支援を利用しましょう。

 ハローワーク

就職支援サービスの代表と言えばハローワークです。何よりもメリットは掲載する就職情報の量が多いことです。

逆に数が多いため見つけづらいということもあり、特に大量の情報処理を得意としない発達障害の人にとってはどれが自分にあっている就職先かが見つけづらいこともあります。また、ハローワークの担当者によっても対応の良し悪しもあります。

 

就労移行支援事業所

発達障害として継続的に安定して働くには就労移行支援事業所の利用をおすすめします。

就労移行支援とは、障害を持っている方でも一般企業で働きたいと思っている方に対し支援を行うサービスです。

単に、就職先を斡旋することが支援の全てではなく、療育のような形で例えば「基礎体力の向上」や「集中力、持続力の習得」など働く以前の基本的な部分のサポートから職業訓練のような形で就職活動のマナーや施設見学、トライアル雇用など幅広いところをサポートしてくれます。

職業の紹介については、ハローワークや直接企業との仲介をしてくれますので、自分で探すよりも断然効率が良いです。

そして就労移行支援は一般企業へ就職したあとのフォローにも力を入れています。その後に安定して働き続けるために、様々なサポートを用意しています。

 

最近では、就労支援事業所と就職エージェントの両方を備える施設もあります。

たとえば「ラルゴ神楽坂・ラルゴ高田馬場」があります。

ラルゴ神楽坂では就労支援事業所として活動し、ラルゴ高田馬場では株式会社アスリートプランニングが運営する就職エージェントです。

最大のメリットとしては、就労移行支援を受けながら、障害者に特化した就職エージェントを利用できる点です。

発達障害の人と企業側の採用ミスマッチを防げるだけでなく、就職後も定期的にサポートを受けることができるため、まさに発達障害の人にとっての働きづらさをカバーしてくれる支援となっています。

「就職エージェントのサービス」は全て無料で行うことができますので、ぜひご利用してみてください。

登録はこちらから簡単に行えます。


発達障害の人は就労移行支援でミスマッチを防ぎ継続的に働こう

 

まとめ

発達障害の人は就労移行支援でミスマッチを防ぎ継続的に働こう発達障害者の人にとって就職することや就職後も継続的に働くことは困難なものです。

しかし、就労移行支援事業など障害者向けのサービスを利用することで、専門的な支援を受けることで安定的に働くことができるようになります。

新たな職場での就労後も様々な問題に直面することもあると思いますが、一人で立ち向かうのではなく専門家のサポートを受けられるという安心感があります。

自分一人で考えることには限界があります、ぜひ安定した就労を目指しましょう。

スポンサーリンク