発達障害を持っている方は人によって症状の度合いは異なるものの、協調性や社会的な振る舞いに欠けている方が多く見られます。それにより職場の方と上手くなじめない、周りの人に迷惑をかけてしまう場面も多々出てきてしまいます。

スポンサーリンク

 

発達障害の人には具体的に指示する

一見障害を持っていると判断されにくいためちょっと扱いづらい人と思われてしまいますが、迷惑を掛けたり衝突したりする場面が多々出てきてしまうと会社自体に居づらくなってしまうと考えられます。もしも勤務先に発達障害を抱える方が入ってきた場合、上手く一緒に仕事を続けていくためにはどういった対応が求められるのでしょうか。

まずは仕事の指示の与え方にも注意が必要になります。発達面で障害を持っている方の中には一般の方よりも高い知能を持っている方もいれば、繰り返し教えてもなかなか覚えられないタイプの方もいます。口頭で指示を出すだけでは十分理解できない方も多いため、併せて視覚からもアプローチしたほうがより相手が理解しやすいのです。たとえば説明を加えるときも図などを交えて説明をしたほうがよりわかりやすいのです。

優先順位をわかり易く

障害を持っている方は一つのことに集中しすぎてしまう面があるため、仕事を与えてもそれに没頭してしまうことがあります。そのため複数の仕事を並行して行うようなことになったときに、仕事の優先順位が付けられずパニックに陥ってしまうのです。そこで必ず仕事ごとにどの上司に相談するべきなのか、どれを最も優先的に行うべきなのかを周りの人が常にチェックして優先順位の高い仕事から率先して行わせるようにします。このように周りがサポートをすることによって、自分が何をするべきなのかがわかりやすくなりますし、周りの人との無用なトラブルを避けることにつながります。

発達障害のこだわりに理解を

また基本的に発達面で障害を持っている方はこだわりを強く持っています。そのこだわりを否定するのではなく、ある程度許容してあげることも重要になってくるでしょう。発達面で障害を持っている方は周りから強く非難されることによって、心理的障害を抱えることに陥りやすくなるのです。ある程度周りが障害を持っていることを理解してその人が強く主張することに関しては強く否定しないこと、許容することが上手くやっていく秘訣になります。他の社員には認めていない仕事中のイヤホン使用なども認めることで仕事が行いやすくなります。集中力を高めるために必要と判断された場合は、例外として使用を認めてあげましょう。

まとめ

発達障害の人と職場で上手に接するためには、発達障害の人の特性を理解する必要があります。一見扱い辛い部分が目立ちますが、発達障害の人は単純作業で集中力を見せたり、向いている作業がたくさんあります。指示の出し方やこだわりを理解すれば、うまく機能して働くことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク