何度も転職を繰り返しており、仕事が続かないと自分は働くことに向いていないと自信をなくしてしまいがちです。昨今は一つの技術に秀でたスペシャリストよりも、さまざまタスクをこなすことができるゼネラリストのほうが重宝されることも多く、それが余計に発達障害の方が勤務しにくい状況を作っています。

スポンサーリンク

発達障害は複数の処理が苦手

どちらかというと複数のことを同時に行うのではなく、一つのことを集中して行うことを得意としている発達障害の方は、仕事ができない、協調性がないと周りからみなされてしまうのです。仕事が続かないと感じている方は、まず自分自身が発達障害であることを自覚することが大切です。発達障害は遺伝的な脳の障害であり、自分で克服改善することが難しい状況です。それをいつまでも自覚できないでいると、自分に適した職業を見つけること自体が難しくなってしまうのです。

 

発達障害に適した職を探す

もう一つは発達障害に適した職業を見つけることです。発達障害の方は集中力が人並み以上に高かったり、知能も一般の方よりもはるかに高かったりします。そのような集中力を必要とする職業に就くことによって、自分の持っている技術を存分に生かすことが可能になります。たとえばクリエィティブ系の業種もその一つになります。イラストレーターや漫画家、作家、画家といった一つの作品を集中して作り上げるようなものに発達障害の方は向いていると考えられます。一つの作品を作り上げるには、多大な時間と労力、集中力を必要としますが、もともと発達障害の方はその素質を持っていますので、没頭して作品作りに集中することができます。

発達障害の集中力を活かす

他にもIT技術関連も向いている場合もあります。IT関連の仕事はプログラミングなどプログラム言語を用いて自分で一つのプログラムを作り上げていきます。その際もやはり高い集中力を求められますので発達障害の方に向いていると考えられます。発達障害を抱えている方は周りの人と協調性を保ちながら仕事を続けていくことを苦手としていますので、チームワークを必要とするものよりも個人のペースで進めることのできるタイプの職業に就いたほうが長続きすると考えられます。クリエイティブ系の職業につくためには、才能と努力が必要になります。発達障害の方は集中力も高いため、仕事に必要な資格を取得するのも得意としている方が多いのです。手に職をつけておけば一生涯それで収入を得ることが可能になりますので資格取得や勉強を検討してみましょう。

スポンサーリンク