一つのことに集中しすぎてしまったり、人の話を聞くことができなかったり落ち着きがなかったり人との付き合いがうまくできないなどといった特性を持つ発達障害ですが、仕事をする上で健常者よりもミスが多くなったり誰もができることができなかったりすることもあります。

スポンサーリンク

発達障害の特性を見極める

だからといって、社会になじめないかと言えばそうではありません。その特性を活かして企業に勤めている発達障害を持っている方もいますし、バイトなど様々な形で社会に適応している方もたくさんいます。正規雇用のみならず、非正規雇用やバイトなど雇用形態は様々ではあるものの、障害を持っている方の場合、アルバイトといった形を選ばられることも多い傾向にあります。特性や得意とする分野、自分の得手不得手がわかっていると、どういったところで働けばいいのかがおのずとわかってくるので、仕事をするにあたってはまず障害が持つ特性、それぞれに違う症状をしっかりと見極めることが大切です。

 

 

自分自身の苦手なことを知ろう

また、長く勤められるに越したことはありませんが、まずは短期などから始めて自分の適性を見つけていくという方法も悪いことではありません。自分の能力を試すことができるのであれば、短期間でできる仕事を見つけていくつか試してみることで、どういったことができて、どういったことに苦手意識があるのか、どんなことならできるのかがおのずとわかってきます。

もしもうまくいかずに辞めなくてはいけなくなったとしても落ち込むことはありません。それも一つの経験であり、自分が持っている障害には合わなかったという経験につながります。障害があるからといってあれはダメこれはダメでは、何もすることができなくなってしまいます。もちろん迷惑がかかることは十分理解されているでしょうから、割り切っていろいろやってみるのも一つの方法ではないでしょうか。

 

向いているアルバイトは?

一般的におすすめとされている仕事として、仕分け業務や季節限定でできる仕事などは、短期間で淡々とした作業が進められていきますので、障害を持っていてもできることが多いと言われています。また、ファミレスなどでも接客ではなく洗い物や調理補助などの仕事、ホテルなどのベッドメイキングなども作業自体は簡単なものなので、障害の度合いにもよりますができないことはありません。

まとめ

おすすめの仕事と言われているものもたくさんありますが、とにかくやれそうなものは試してみたほうが自分の経験にもつながりますので、恐れずに前に進むことが大切です。

スポンサーリンク