発達障害の方は仕事を得ること、そして得た仕事を継続して続けることが困難になるときがあります。発達障害の方は向いている仕事とそうでない仕事がありますので、その個性を生かした仕事を見つけることが長続きできる仕事を探すことにつながります。

スポンサーリンク

発達障害は数字の分析に強い

発達障害は色々なパターンがありますが、一般的に細かいデータの分析など一つの作業に集中するものが向いています。データアナリストもその一つになります。データアナリストとは、大量のデータを解析するのが主な仕事になります。データアナリストの仕事は大量のデータから必要なデータを読み取る必要があることから、高い集中力が求められます。一つのことにこだわって仕事をすることを得意としている発達障害の方には適した仕事だと言えます。また、発達障害の方は普通の方と比べて細かい部分まで目が届きやすいのも特徴になります。大量のデータの中から必要とする部分だけでなく、データのパターンを読むのも得意としています。そしてデータアナリストの仕事は基本的に外部との交渉やコミュニケーションを必要としませんので、コミュニケーションが苦手な発達障害の方でも働きやすい仕事だと言えます。

発達障害の集中力を活かす

他にも発達障害でもできる仕事にライフガードがあります。発達障害は体の機能が劣っているわけではありませんので、ライフガードの仕事もこなすことができるのです。ライフガードとは主にプールなどで働く監視員のことです。ライフガードは同じ場所に座っていることが多いことから、集中力が途切れやすいのですが高い集中力を維持できる発達障害の方はその仕事にも向いていると考えられます。ライフガードは万が一プールでおぼれた人が出てきてしまったときは、率先して助ける必要が出てきます。そのため、水泳の能力やそれなりの筋力と体力が求められますので、日ごろ体を鍛えていて体力に自信がある方なら十分その役目を果たすことができるでしょう。

 

発達障害の特性を活かす

交通量の調査員も発達障害の方に向いている仕事の一つになります。特定の場所に座ってひたすら交通量をチェックするのが仕事なのですが、一つのことに集中して作業を行うことができますし、誰かとコミュニケーションを取る必要もありませんので仕事が行いやすいです。コミュニケーションを取る必要のない仕事は比較的続けやすく、ポスティングなどの仕事も向いていると言えるでしょう。誰かと会って話をする必要もなく、ひたすらチラシなどを配るだけですから発達障害の方でもストレスなく続けることが可能になります。

 

まとめ

コミュニケーションを取る必要がない仕事といえばネガティブに聞こえるかも知れませんが、発達障害の人にとっては調整業務は大変で困難であることがあるため、本人も周りの人もストレスを少なく仕事をするためには必要な事です。現在では発達障害などの精神障害の方も企業で受け入れ態勢が進んで来ていまして、政府は「精神・発達障害者しごとサポーター」を創設し、平成29年度中に2万人を養成する方針を固めました。発達障害の方が周りのサポートを受けながら働くことができる社会になりつつありますので、働き方も多様化していくのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク