発達障害の方は一般の方と比べて仕事辞めたいと思うことが多々出てきます。その原因として考えられる理由の一つがミスが多いことです。発達障害にもいろいろなタイプがありますが、中には人の話を本来の意味で理解できないタイプの方もいます。

スポンサーリンク

耳からの情報が苦手?

口で仕事のやり方や納期について説明をしっかり受けたつもりでも、それがきちんと理解されていなかったり、全く理解できていなかったり、説明されたことを忘れてしまったなりなどの理由で満足いく結果が出せないのです。また発達障害の方は一度にいくつもの仕事を並行して行うことを苦手としていますので、依頼された納期までに仕事を仕上げられなかったりもします。また以前も説明を受けたことがある事項についても忘れてしまって再度同じミスを繰り返す、聞き直すことが多いと仕事を覚える気がない、仕事ができないと思われてしまいます。

 

コミュニケーションが苦手な場合が多い

他にもコミュニケーションがうまくとれないことで仕事辞めたいと思うことが出てくるのです。発達障害の方は人とコミュニケーションを円滑にとることが苦手であり、学生時代からもそれが原因でクラスメイトと協調性を持てないことなどがあったのではないでしょうか。それは社会人になってからも続いてしまって、職場の人間関係だけでなく仕事にも支障をきたしてしまうのです。職場では上司や同僚と連絡、報告、相談を密に行いながら仕事をすすめていくのが一般的ですが、コミュニケーションがうまく摂れないことで仕事に関する質問などを上手く聞くことができなかったり、進捗状況を説明できなかったりして仕事でミスをすることも出てくるのです。

落ち着いて冷静に見直してみよう

自分自身が発達障害であることを自覚している場合は、それを職場に伝えることで職場の理解を得られることもありますが、そうでない場合は単なる仕事でよくミスをする人とみなされてしまうケースが少なくありません、それが原因で会社を辞めることになってしまったり、解雇されてしまったりすることもあるのです。仕事でミスをすることが多い方は自分が発達障害の可能性がないかどうかを一度確認してみる必要があるでしょう。それによって今後自分が仕事でミスをしないためにはどうするべきかを考える判断材料になります。

まとめ

発達障害の自分の症状をきちんと理解することで自分自身がなぜミスをしてしまうのかという原因を特定して、その対処法を考えることができるようになります。職場に発達障害を持っていることを通知しておくことで、上司や同僚も適切な対応をとってくれるようになり環境が改善され仕事辞めたいと思わなくなってきますので、まずは周りの理解を得ましょう。

スポンサーリンク