発達障害の方は人とコミュニケーションを取ることが苦手です。そのため仕事に就けたとしてもそれが原因で周りの人と上手くやっていくことができず、孤立してしまうケースも少なくありません。自分が孤立してしまったり、解雇されてしまったりすると自分に実力がない、自分の性格がおかしいと思って自己嫌悪に陥ってしまいます。コミュニケーションを円滑に進める工夫を行うことで仕事上でのトラブルを防ぐことが可能になります。

タイミングを見計らうために

会社に勤めている以上一緒に働いている上司や同僚と上手くコミュニケーションを取りながら仕事をすすめていくことが強く求められます。仕事に関して何か相談したいこと、報告したい事が出てきたときは、上司や先輩、同僚に相談しようと考えるのですがそのタイミングが上手くつかめない方も少なくありません。たとえば相手が電話中だったり、他の人と話していたりするのにそれに割り込んで相談を持ちかけるのはよくありません。より良いタイミングを見計らうためには、相手の状況を考えることが重要になってきます。もしも話しかけていいタイミングであるかどうかを調べるためには、たとえば話をしたい相手にたいしてメモを置いてみるのも良い方法です。メモに「相談したいことがあるのですが」と書いて相手に都合を聞くことで相手の都合の良いタイミングを見計らって相談をすることができます。同様にメールで同じように都合を伺うのもいいでしょう。

 

相手の都合を考えて行動

また直接相談をする前に、一言「今話したいことがあるのですがよろしいでしょうか」と一言付け加えることも重要です。発達障害の方は自分の言いたい事を先に全て行ってしまう傾向があるため、相手の都合を考えずに話を始めることがあります。これを防ぐためにも相手の都合を聞いてから話を始める努力が必要になるでしょう。もしくは定期的に上司と相談する日時を決めておくと言う手段も考えられます。日時を予め決めておくことで、何でも相談しやすい環境を作ることが可能になります。

 

話すのが難しい場合はメールを利用しよう

また上司には仕事の進捗状況などを報告することがありますが、何を報告するかがわからない事も出てくるでしょう。何を報告していいのかがわからないときは、報告事例を提示してもらうとわかりやすいです。また自分自身で報告するべき内容を一度文章にして、それを読み返すことで伝えるべきポイントをまとめやすくなります。どうしても面と向かっての報告、相談が難しい時はメールを使用して報告、相談をするのもいいでしょう。

 

まとめ

発達障害を抱えている場合上司にどう伝えていいか悩むことが多いと思います。報告のタイミングや順番などの整理が難しい場合は一度文章にして考えてみましょう。タイミングが掴めない場合などはメールで送付して相談することも考えてみてください。

スポンサーリンク