発達障害により最も多いとされているトラブルが人間関係であると言われています。他人の感情を理解するのが難しかったり、指示や指導されたことが理解できないことからトラブルに発展してしまうことが多い傾向にあります。

スポンサーリンク

発達障害は個性的

発達障害の症状や特徴にも個々に異なってきますので、得意とすること、不得意とすることを理解し、それに適した職場を見つけていくことが大切です。仮に能力に見合った職場ではないところに転職をしてしまうと、二次的な障害としてうつ病などの精神的な病気を引き起こしかねません。そして、発達障害は個性であるとされているように悪いことばかりではありません。人とは違った特性を持っています。特性を活かした職場で働くことによって健常者よりも仕事ができるというケースも少なくないです。

特徴は人それぞれ

障害と一口に言っても特徴は様々です。同時に複数のことができないことが難点となっている場合、実はこれが集中力が高く興味を持ったことであれば集中して1つのことをやり遂げるという長けた能力に代わります。また、こだわりが強すぎて臨機応変に対応することができない場合は、完璧主義なところを活かすことができる仕事に就くと成功をおさめます。不安が多く失敗してしまうことが多い場合は、1つのことを慎重に進めていった方がいい作業や仕事に取り組むことによって、能力を発揮することができます。

 

自分自身を知ろう

とにもかくにも、得手不得手を理解しておくということが転職をする際にはかなり重要となります。何が得意で何が不得意なのか、得意なところを活かせる仕事や作業にはどんなことがあるのか、それを分析することができれば転職で失敗することも少なくなります。障害者枠での応募にするか、一般枠での応募にするか、障害があるとどうしてもその辺が気になってしまいます。しかしながら、ここにばかり気を取られてしまうと本来持っている能力を活かすことができないほかにも、自分を見失ってしまう可能性も否定できません。

まとめ

発達障害が認知されるようになってまだ歴史が浅いことに加えて、幼少のころから他者とは違った特徴があったとしても、それを認められない親、健常者と同じ生活をさせたいという思いから適した対応をすることができなかったため、大人になってきづくケースが増えています。それにいかに早く気付けるか、どういった対応をするのがベストなのかを知ることで、仕事を探したり就職する際にはかなり大切になってくるといえるでしょう。

 

スポンサーリンク