残念ながら身体障害者と比べて発達障害者に関連する理解度、認知度は低いのが現状です。

職場でも障害者に対する理解がまだまだ浸透しているとは言えず、たとえ障害者であることを職場の上司や同僚に告知しておいても、障害者を迷惑に感じている職場の方も少なくありません。発達障害者の理解がすすまない理由としてはいくつかの原因が考えられます。

スポンサーリンク

 

発達障害について同僚の認知の低さがある

一つは身体や知能といった目に見える部分での障害ではないことから、今までも学校で普通学級に通ってきており、見た目が健常者と変わらないからです。

見た目も身体的も自分たちと変わらないであろうと思っていることから、仕事に関しても依頼されたことをきちんとやり遂げてくれるだろうと上司や同僚は思ってしまうのです。

そのため、依頼されたこことがきちんとできていない周りと上手くコミュニケーションが取れない、などちょっとしたことでも違和感を感じ迷惑に感じてしまうのです。

また発達障害の支援に関する法律が制定されてからもそれほど年月が経っていないことも、障害者に関する理解が薄い原因として考えられます。この辺りは最近認知が高まってきている部分もありますが、まだまだ理解が進んでいないことも多いです。

 

社会的な寛容は時間がかかる

身体障害者の支援に関する法律はかなり以前から制定されていたのですが、発達障害など精神障害に関連する障害が認知されるようになってからまだ日が浅いことがあります。

それまでもそのような症状が見られる方がいたのですが、単なる個性の強い人として片づけられることが多くそれが先天性の障害であるとは診断されませんでした。

その後研究がすすんで発達障害などの精神障害などに関連する障害のことがより詳しくわかるようになり障害者を保護するための法律が制定されました。

そのため身体障害者と比べてまだまだ社会的な認知度が低く、発達障害は単なる甘えであると思われることも少なくありません。

 

自分自身を見つめなおし周囲との溝を埋めよう

また、自分自身が発達障害であることに気がついていない潜在的な発達障害の人が多いことも、職場での理解が薄い原因としてあげられます。

周りの人と比べてみて身体的、知能的にそれほど劣っていなければそれは生まれ持った自分の性格だと判断してしまう方が少なくありません。

そのように考えてしまって病院を受診する機会を逃してしまって、いつまでも自分が障害を抱えていることに気が付かなくなってしまいます。

周りも発達障害を持っているということを理解しなければ、健常者と同じように接してきます。

しかしコミュニケーションがちぐはぐになってしまうため、空気の読めないやつだと思われ周りから迷惑だと思われてしまうのです。

 

まとめ

発達障害は社会構造の変化も追い打ちをかけています。複数の仕事を同時進行で行うことが求められる傾向が強まっています。

そのため一つの事を集中して行うことを得意としている発達障害の人にとって、仕事が行いづらくなっているのです。

しかし、法律的には発達障害は障害者として扱われるため差別は禁止されています。

発達障害で嫌な思いをした場合は、専門の医療機関を受診するなどし専門家の意見を聞きましょう。

その後職場の上司に相談することで、職場の理解をえることが必要です。

自分にとって働きやすい職場の環境や、働き方に関する考え方を変えていきましょう。

 

スポンサーリンク