年齢関係なく、発達障害を持つ人は他人との関係を作ったりコミュニケーションを取るのが苦手という特徴があります。なので、その行動や言動は他者から「変わった人」「自分勝手な人」「自己中」など誤解されてしまうことも多く、敬遠されることも少なくありません。これは脳機能に障害が起こってしまっているための特徴であり、幼少期の育て方や過ごし方が悪かったわけではありません。ただ、人よりも優れた能力を持っていることも多く、それが発揮されれば他者をも驚かせるくらい優秀な成績を収めることも多い傾向にあります。

スポンサーリンク

 

大人の発達障害は増加している?

大人になって発達障害があったということがわかるケースも近年増えてきていますが、その特徴として挙げられるのは落ち着きがなくてソワソワしていたり、気が散りやすく集中して一つのことができないという行動が多くみられる傾向にあります。さらに期限が守れなかったり約束が守れないことがあります。他者と関わることが上手にできず、人間関係のトラブルを起こしやすいという特徴もあります。ですので、仕事が続けられずすぐに辞めてしまうという傾向も少なくありません。

 

発達障害の人は空気を読むのが苦手

さらに、人の話が聞けず今話していいことなのか空気を読むことができないという特徴もあります。なので、人が話しているときに割り込んだり全く違う会話をし始めたりしてしまいます。会話のキャッチボールも苦手なので、コミュニケーションが取りにくく、人間関係を築けないという特徴もあります。また、一つのことにたいして異常に興味を示すため、特定の分野に対しては他社よりも長けていることが多い傾向にあります。

 

発達障害だからと言って劣っているわけではない

大人になってから障害がわかるケース、すでにわかっているケースなど様々ですが、大人になってから自分が障害があるということがわかっても、適切に対応することで社会に出て働くこともできます。人間関係を構築していくこともできます。必ずしも障害と診断されたからといって、人に劣っているというわけではありません。長所を生かすことができる職場などに就職することで、社会人の一人として自立することもできます。

 

まとめ

障害とうまく付き合うこと、障害があってもそれをハンデとせず受け入れ容認することで、生きやすくなります。周囲との違いを自分で知るということは難しいところもありますが、指摘をされたりほかの人ができているのに自分だけできないなどちょっと不安になるようなことがあるときは、専門医に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク