職場に発達障害の同僚がいる場合、発達障害の人との付き合い方などを知っておくと良いです。発達障害といっても色々な種類があり、重い発達障害の場合、言葉も良く通じなかったり思いがけない行動を取る場合もあります。また、時間を守れなかったり教えたことがうまく伝わっていないということがあります。

発達障害の職場での理解

発達障害の同僚と一緒に働く職場であれば職場の全員が発達障害の特徴を知る必要があります。難しい場合は、直属の上司が発達障害の特徴を理解しておかなければなりません。一緒に働くわけですから、発達障害の人の特徴をとらえておかないと全員が困惑してしまう場面があります。できれば、同僚や上司の人も発達障害の人がミスをしても怒ったり責めたりしないという心構えを持ってください。優しく接することで発達障害の人も一生懸命に頑張ろうと思います。発達障害の方は、コミュニケーションが取りづらいので勘違いされやすいですが頑張り屋で優しい人が多いですし、まじめで一つの事に集中して頑張る努力家が多いです。そのため、同じ事を繰り返すような仕事では一般の方よりも能力を発揮する場合もあります。

発達障害の人は集団行動が苦手

また、発達障害の人はグループなどで協力して行う仕事には向きませんが、一人でコツコツやる仕事は発達障害の人には向いています。集中しすぎてしまうため複数のことを同時に処理することが苦手なためです。また、急なスケジュールの変更などがあると混乱してしまうことがあります。そのため様子を見ながら、発達障害の人が快適にできるような仕事をさせるのも職場が円満にいくコツです。必要な場合は、人事などと相談しながら無理のない仕事をさせてみるのも本人の為に良いケースもあります。

職場全体で考える

何人かで仕事をしていて発達障害の人の事で困ったことが起きた場合、職場の上司等に相談してみるのも良いです。発達障害の特徴だからと大目に見ていても業務に支障がでたりお客様に迷惑がかかるようなら考え物です。発達障害の方と末永く一緒に働くためにも妥協する所は妥協し、妥協できない所はきちんとしなければなりません。一緒に気持ちよく働く為に発達障害の方の希望も取り入れながら配置転換などの必要な措置を行う事もあります。発達障害は、現在の医療では普通の病気の様に治療すれば治るということがありません。長い間、発達障害の人と付き合いながら仕事を行って行かなくてはなりませんのでお互いに理解しあえるような関係が築ければ最良です。

まとめ

発達障害の人が心許せる人が1人いると違います。何でも相談に乗ってくれるような人がいたら何かトラブルがあった時も対処がしやすいです。特に複数、発達障害の方がいらっしゃるようなら対応できる社員を一人置いておくと職場環境がどちらにも良くなります。

 

こちらの記事も合わせてお読みください

大人の発達障害記事一覧まとめ

スポンサーリンク