アスペルガー症候群と自閉症は違うものなのでしょうか。アスペルガー症候群は発達障害の一種で、自閉症のうち知的な遅れ及び言語障害を伴わないものになります。

発達障害は、自閉症やアスペルガー症候群の他にも注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などを指します。一般的にアスペルガー症候群は他人との関りやコミュニケーションで問題を起こすことが多く、想像力が乏しい傾向にあります。

スポンサーリンク

 

アスペルガー症候群の特徴

ある程度の年齢になると人は集団生活の中でコミュニケーションや他人との関りを学び想像力も豊かになります。しかし、アスペルガー症候群の場合、これらの行動に問題がでてしまいます。

 

自閉症の子供の場合、言葉の遅れを伴う場合が多く主張がうまくできなくてコミュニケーションが取りづらい場合が多いのですが、アスペルガー症候群の場合言葉はきちんと話せるものの、言っていることが通じなかったり意思疎通がうまくいかなく、コミュニケーションがちぐはぐになってしまうことがあります。

 

いわゆる空気が読めないと思われてしまう人はアスペルガー症候群が原因であることもあります。アスペルガー症候群は知的に遅れを伴いません。むしろIQが高い場合が多いので、記憶力が良く勉強ができて、発達障害と気づかないケースが多いです。

 

アスペルガー症候群と自閉症との違いは?

いわゆる古典的な分類の自閉症とは知的な遅れを伴い言葉でコミュニケーションが取ることが難しい障害です。

アスペルガー症候群は知的障害と言語障害を伴わないませんが、強いこだわりを持っていたり、想像力に乏しかったり、コミュニケーションの部分は自閉症と同じ特徴を持っています。

高機能自閉症といって知的な遅れを伴わない自閉症」と「アスペルガー症候群」の違いは言語の発達に遅れがあるかどうかと言われてきましたが、最近ではあまり区別しないで考えられています。

どちらもコミュニケーションに難があることが言えます。しかし、アスペルガー症候群の場合、言語の遅れもなく学校での成績が良いことが多いため、小さい頃から療育を受ける機会がなかった人もおり、その結果二次障害になってしまうケースもあります。

 

不安なら専門医に相談を

アスペルガー症候群の人の中には、上記のように子供の頃は単なるわがまましつけができていないと片づけられることもあって、発達障害として受け取られない場合があり、早期の療育を受けるチャンスがなくなってしまいます。

その結果大人になってから社会に出てから苦労します

発達障害かもしれないという特徴が子供さんに見られ不安に思った場合などは病院で専門医に診断してもらうのが一番です。例えアスペルガー症候群だったとしてもきちんと療育を受けて学校にも通う事も可能ですし就職することもできます。

 

まとめ

発達障害だとわかることで、今までの言動について納得できますし、会社での対応など社会的な対応も変わってきます。

ぜひ思い当たるなら病院などで診断してみましょう。発達障害なら様々な公的支援も受けられるようになりますし、療育手帳が交付される場合であれば様々な福祉サービスを受けることができます。

アスペルガー症候群や発達障害でも社会の一員として立派に働いている人がたくさんいますし、偉大な芸術家や科学者もアスペルガー症候群であったと言われている人が大勢います。たとえアスペルガー症候群であっても前向きに行動してみましょう。

 

スポンサーリンク