発達障害を持ってい人は仕事でミスが多くなりがちになるので、できるだけ仕事をやりやすくすることが重要です。自分では一生懸命に仕事をしているつもりでもなかなか周りとのコミュニケーションが取れない為にミスを犯してしまう事も多いです。周りからすると仕事が遅かったり時間に遅れたり、周りの事が見えない為イライラすることもあります。

発達障害の仕事の工夫

 

しかし、発達障害であるという事をしっかり理解してもらって工夫等をすることにより効率を上げることも可能です。発達障害の人も障害だからとあきらめず仕事効率を上げることで他の人に迷惑をかける確率も低くなります。例えば、誰かに何か頼まれた場合、必ずノートなどに記載する癖をつけます。
発達障害の方は、何個か言われたりすると混乱することもあるので、きちんと書いておけば後から理解もできます。忘れっぽいのもノートを見れば思い出しますのでおすすめです。ノート自体に工夫して誰が何と言ったかなどすぐわかるようにしておくのもポイントになります。

発達障害は視覚優位

周りも口頭で言うよりメールで文章を残す感じで支持するという工夫をしてくれると発達障害の人も助かります。発達障害の人は視覚優位の人が多く、耳で得る情報よりも目で見る情報の方が理解しやすいです。メールは必ず何度も見るというのを徹底しておけば、約束などを忘れる確率も少なくなります。また、発達障害の人と仕事をされる方は、できるだけ、複数の事を一度に言わないようにすると通じやすいです。発達障害の人は、複数の依頼などをされると混乱することがあり、複数の場合片方しかできない事もあるのです。

周りのサポートが必要

一つやったら次のことを指示するなど周りも協力してくれると発達障害の人も仕事がやりやすいのです。発達障害の人も混乱して判らないような場合は、きちんと判るまで聞くことが大切です。判らないままにしておくとミスの元になってしまいます。判らない時は、何が判らないのかという事をハッキリ言ったうえできちんと理解できるようノートなどにまとめるようにすると良いです。何度も同じことを聞いたりすると相手も嫌になってしまうので、できるだけ自分に判るようにまとめて下さい。

まとめ方のコツとしては、仕事の種類別に違う色のファイリングなどを使うなど、自分が判りやすくなるような工夫をすることが大切です。発達障害の特徴として整理整頓ができないというものもあります。これが原因で大切な資料などが見つけきれないというミスも目立ちます。他の人に整理整頓の仕方などを指導してもらってできるだけ判りやすくすることが大切です。

まとめ

発達障害の人は視覚優位の人が多いため、できるだけ耳の情報だけに頼らず目で見てわかるようにノートにメモするなど工夫をして見てください。順番や段取りがしっかりわかれば集中力がありますので、的確に仕事ができる人が多いと思います。しかし、急に予定が変わった場合など段取りに変更があった時は切り替えが苦手で混乱してしまうことがありますので、そういった場合は周りのサポートが大切になってきます。

スポンサーリンク