子供のうちに発達障害とわかる場合もありますが、大人になるまで発達障害とわからず、就職してから困るケースがあります。

学生の時よりも責任が増え、やることも膨大になり仕事をこなせず適応できなくなると本当に辛いものです。大人の発達障害と仕事について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

発達障害とは

普段から職場での人とのコミュニケーションが取りづらかったりミスが多かったりすると仕事を辞めたいと思う事もありますが、もしかしたら発達障害かもしれません。

発達障害とは、多くの場合、先天性の障害として子供の頃に見つかり地域の学校の特別支援学級や特別支援学校等に通い、療育機関で療育を受けます。

しかし、軽い発達障害の場合や周りが子供の特性だと思い込んでいると発達障害が見つからないまま大人になる事もあります。

療育を受けている場合は、発達障害の子供という認識が自分にも家族にもありますし、周りも障害がある人として接してくれます。

学校を出て就職する時も発達障害があるという事が判っているため、職場でも採用時に発達障害を認識し、適した配置等が行われます。

本人としては、障害がある事を周りに認められている事になります。子供の頃にこのような発達障害の兆候が軽かったりすると見過ごされる可能性も高くなります。大人になってから周りとの違いに悩んで病院に行った時に発達障害と判る事もあります。

 

発達障害と職場

職場でも、発達障害の人はその場の雰囲気が読めなかったり突発的な行動を取ったり書類や道具の整理ができなかったりするため、上司から勤務態度について悪く言われることがあります。

職場で浮いたり時間が守れないことがあり怒られたりすることも多く、本人も人に迷惑をかけてしまうため、本人がこの仕事が合わない、と思ってしまうことも多いです。

発達障害の人の中には、発達障害だと自覚が無いまま職を転々とする人もたくさんいます。

最初から発達障害だと判っていて就労するなら周りの理解もありますが、自覚がない場合は普通だと本人も思っているため、なぜ自分は仕事ができないのか悩む場合も多いです。

大人になって発達障害が見つかる人は知的障害を伴う発達障害ではない事が多いため周りからも判りづらいことがあります。

そのため辛い思いを職場で体験する人も多いです。それだけではなく家族にも発達障害だからという認知が無い場合、色々な事を言われてストレスをため辛い思いをしてしまいます。

 

発達障害の二次障害

職場の上司から責められたり、周りの同僚から嫌がらせを受けたりして自律神経失調症やうつ病を起こしてしまう発達障害の人もいます。

職場や家庭で適応できずに強いストレスを受け精神が病んでしまい二次障害を起こしてしまいます。このような精神的な病気を起こして初めて発達障害であることを知る人もいます。

発達障害は、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、アスペルガー症候群、自閉症などが挙げられますが、軽いものですと性格や特性として見られてしまうため見逃されてしまうこともあります。

これらの障害が単独で起こる事もあれば何個かの発達障害の症状が同時に起こっている場合もあります。仕事を辞めたいと考える時、自分の普段の行動を見直して発達障害かもしれないと思うならきちんと調べるために、専門の医療機関を受診することをおすすめします。

 

まとめ

大人の発達障害は社会人になってから発覚するケースが多いです。職場で適応ができなくて苦労されている方は、発達障害であるケースもあります。

発達障害の場合は「障害」ですので治るものではありません。辞めたいと思ってしまうほど追い詰められてしまったら、一度専門機関を受診してみることも考えてみてください。

発達障害であることがわかれば、福祉支援を受けられるケースもありますので、仕事について一度立ち止まって考えて自分自身を見直す機会になると思います。

 

大人の発達障害の記事一覧まとめ

大人の発達障害記事一覧まとめ

スポンサーリンク