今回のテーマは、妊婦さんの悩みの一つでもある「妊娠線」のセルフケア術です。妊娠をして月日が経つごとにお腹は大きくなっていきますが、妊婦さんの中にはこのお腹の成長についていけずに皮膚が肉割れ状態を引き起こしヒビが入ったような線を作ってしまう人も多くいます。

妊娠によってお腹や太ももに跡が残ってしまうことを嫌い妊婦さんも多いと思いますので、しっかりと対策方法についてみていきましょう!

妊娠線のセルフケアについて!

一度出来てしまった妊娠線は、後のセルフケアによって薄くする、または見えなくすることが出来ます!
いつまでも綺麗なママでいるためにも、妊娠線のセルフケア術についてみていきましょう!

スポンサーリンク

• 肌の保湿がポイント!

肌の保湿は妊娠線が出来ないように予防する意味でも、妊娠線が出来てしまった後のケアとしても重要です。
ですので、妊娠をしてお腹が大きくなり始めたらお腹の皮膚の部分へのスキンケアもこまめに行っていきましょう。
特に早めの改善は、出来てしまった妊娠線をこれ以上増やさないためにも必要なことです。
具体的にどのようなことをすれば良いのかみていきましょう。

妊娠線のセルフケアとして有効なのはクリームやオイルです。
もちろん、顔などに使用する自分の皮膚との相性が良いものを使用するのがオススメですね!財布事情も関わってくるので安いものでも大丈夫です!
このアイテムを毎日腹部全体に塗るようにしましょう!
ただし化学成分が含まれているものは使用しないように注意しましょう。

• 新陳代謝を上げる

体の新陳代謝が上がるということは、新しい肌を作るターンオーバー効果も促進されるということです。
新陳代謝が下がるということは、妊娠線が出来やすいことに繋がるので、日々の生活から新陳代謝を高めるための努力が必要となりますね!

それではどのようにすれば新陳代謝は上がるのか、みていきましょう!

まずは、食生活の改善から見ていきましょう。
体に流れている血液ですが、食生活の乱れによってその流れが悪くなったり血管そのものが狭くなることがあります。
このように血行が悪化した状態は、栄養の良いものを食べても全身にそれが循環しづらくなります。
栄養がしっかりと体に行き渡らない状態は、代謝を下げることに繋がるので、体を温める効果のある食べ物、血液をサラサラにする食べ物などを意識した食生活に改善する必要がありますね。

また、運動も大切です。
血液の巡りをよくするには有酸素運動がオススメです。
とはいえ、激しい運動も出来ないと思うので軽めのウォーキングなどがオススメですね!

 

まとめ

いかがでしたか?
分かってはいても妊娠線が出来ると女性はショックを受けてしまいます。
日々のケアを大切にして美しい体を守りましょう!

スポンサーリンク