雨が降る前や雨の日に体がだるくなったり、頭痛が起こったり…と風邪のような症状を起こす人は多いと思います。
日本独特の「梅雨」は特に毎日が憂鬱になってしまいますよね。

そんな悩みを持っている皆さんにとって有益な情報…
今回は雨の日に起こる頭痛の対処方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

雨の日の頭痛の原因は?

雨の日に辛くなる頭痛やそれに伴うだるい症状の解消方とは?
実はこの症状の詳しい原因は判明していません。
しかし、低気圧や湿度、温度などが自律神経に影響を与えることは分かっているので、こちらが原因と詳しく関わっていそうですね。

 

雨の日に表れる症状について

人それぞれでさまざまな症状が見られるようですので、以下にまとめてみました。ご覧ください。

    • 頭痛
    • 肩こり
    • 完璧主義
    • 倦怠感
    • しびれ
    • めまい
    • ぜんそくの再発
    • うつ病の促進

以上、頭痛以外にもたくさんの症状があることが分かりますね。
これらの症状はほんの一部の人ではなく、数多く起こっている代表例です。
雨の日に何も起こらない人からすれば、「甘えじゃない?」と思ってしまいそうですが、このような事に悩む人は現実的に多く、「気象病」という名前もあるので理解が必要ですね。

 

気になる解消法は?

これらの症状を緩和させるためには日々の生活に気を付ける必要があります。
対処方法はさまざまですので、順にみていきましょう。

• 入浴

入浴は、シャワーだけで済ますのではなく浴槽にお湯を溜めて肩までしっかりと浸かりましょう。
全身の血行を促進することは、自律神経の働きも活性化させることに繋がります。
既に出ている頭痛や肩こりにも効果があるのでオススメです!

• 睡眠

睡眠は、自律神経の調節にもっとも大切な行為です。
しっかりと一定の睡眠時間を確保し、早寝早起きなどの規則正しい生活を行いましょう。
睡眠の時間をしっかり決めると、睡眠の質が深くなり自律神経のリズムも整うので気象病の対策になると言えますね。

• 運動

体を動かすことも新陳代謝の改善に役立ちます。
かといって激しい運動では体も持たないので、じっくりと行うことができる有酸素運動がオススメです。
体を動かすことは自律神経を刺激するストレスの解消にも役立つのオススメです!

• 冷えの解消

体を冷やすことは、気象病だけではなくさまざまな病気に繋がります。
ですので、クーラーなどには特に注意が必要ですよ!
冬も体が冷えなくよう服を1枚多く着るなどの対策が有効と言えますね!

 

まとめ

いかがでしたか?
雨の日による頭痛は、日々の生活から改善することが出来ます!
ぜひ、試してみてください!

スポンサーリンク