最近では、プライぺートや仕事でスマートフォンやパソコンなどの電子機器を使用する機会が昔に比べて増えているように思えます。
これらの機器の普及は、ドライアイなどの「目のトラブル」に悩む方の原因ともされているので、しっかりと対策をしていきましょう。

これから死ぬまで大事に使う「目」ですので、傷つけないよう守っていきたいですね。

スポンサーリンク

疲れ目の原因は?

疲れ目は現代病だった!?目が疲れてしまう原因と予防法を探る!

目が疲れてしまう原因は、スマートフォンやパソコンを長時間使用することで起こる筋肉疲労、血行悪化にあります。
特に、スマートフォンやパソコンは同じ場所を長時間見つめる上に、画面までの距離が近いことから目の筋肉が疲労を起こしやすいので注意が必要です。

これらの電子機器の他にも、本や絵を書く作業が原因として挙げられているので、「目を離す」「目を休める」などを意識していきたいですね。

それでは気になる予防方法についてみていきましょう。

 

疲れ目の予防するための方法とは?

何をするにも、スマートフォンやパソコン、テレビで情報を集めることが必須となっている時代ですので、使用時間を無くすことは不可能に近いことだと思います。
そこで、「使わない」という方法を除いた予防、対策方法についてみていきましょう。

• 睡眠

睡眠は、その日一日使用した目をしっかりと休める重要な行為です。
決められた時間、睡眠の質などを意識すると目にも優しいですね。
また、睡眠の質を上げるコツとして、体をあえて疲労させる「運動」や、睡眠の際に部屋に光が入らないようにすることが挙げられます。
寝入りが悪い方は取り入れてみてください!

• 目の周りを休める

睡眠以外にも、目を休ませることは大切です。
一定の時間が経ったら、目を閉じながら眼球を一周回すような運動もオススメですし、温かいタオルやハンカチを目の上にのせて休憩することも有効とされています。
こういった行為は全て、目の焦点を支える筋肉のコリをほぐすことに繋がるので日頃から行っておきたいですね!
気持ちよさを優先して温めるのではなく、冷やすことを行う方もいますがこれは血行が悪くなってしまうのでその場では気持ち良いと感じてもあとから疲れがドッとふりかかる可能性があるので辞めておきましょう。

 

 

まとめ

 

仕事などで使っていることに集中しすぎてしまうとついつい前のめりの姿勢になってしまいます。
こういったところから意識をして、しっかり距離を取り、目をこまめに休ませていくことが目の疲れを緩和する最大の予防策となります。
この機会にぜひ、意識を改善してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク