「育児」や「教育」は赤ちゃんが産まれ落ちたその時から始まっているといっても過言ではありません。
一説によると、赤ちゃんはお腹の中でも学習をしていると言われていますよね。
教育は小さいときに行うほど、脳の神経細胞を強くする効果に期待が持てるので、今回は子どもの頭を良くする教育方法についてみていきましょう!

スポンサーリンク

教育の大前提として…

0歳からの教育のおすすめな方法はこれ!赤ちゃんの成長を促すコツ

まずは、教育を行う前提として「親の自己満足のために行うこと」は絶対に辞めましょう。
子どもの頃から勉強を避け、大人になった時にその大切さが分かる親もいると思います。
ですので、育児でその大切さを教えたり、楽しみ方をアドバイスするまでは行っても良いですが、強制的に恐怖を植え付けて行う教育は確実に子どもを悪い方向へ成長させるので辞めましょう。

 

0歳の教育は、何故注目されているのか!?

昨今では、国内,国外を問わず0歳の子どもにも教育を行うことが注目されています。
どちらかと言うと「教育」というより「遊び」に近い内容にはなりますが、何故0歳の教育が近頃注目されているのでしょうか?
その理由についてみていきましょう。

人間の脳は、神経細胞を繋ぐ働きを持つシナプスの数によって強化されていきます。
このシナプスの数は、0歳から1年間が勝負と言われており既に存在している神経細胞をいかにして多く繋ぐかが、0歳の教育に求められるというわけなのです。

このシナプスを増やす教育は、五感の発達にも良いとされているので、日々赤ちゃんに愛情をもって施していきたいですね。

 

0歳の教育方法は?

産まれた後の赤ちゃんは、視力も聴力も触覚も大人に比べると不完全な状態です。
しかし、ぼんやりと見聞きすることで学習をすることは出来るので、歌を歌う,綺麗な色の本を見せる,指を軽くギュッギュッと握るなどいろいろな刺激を脳へ与えるための教育が良いと言われています。

そして、逆にやってはいけないこともあります。
親が行うと赤ちゃんの脳の成長を阻害してしまうこともあるので、以下に注意をしましょう。

  • 比較

他の子と比べて成長が遅い場合に焦ってしまう気持ちは分かりますが、赤ちゃんは言葉が分からなくとも親のイライラを感じることがあります。

  • 放置

愛情が大切と言うと精神論と捉えられそうですが、愛情を持って育児をしなければ毎日教育をすることは不可能です。そもそも赤ちゃんは絶対に一人では生きて行けないのでしっかりと面倒をみてあげましょう。

  • 成長

初めての子の場合は、育児に関して親も0歳です。
さまざまなことが起こるかもしれませんが、子どもと一緒に楽しみながら成長をしていくと子にも自然と良い影響が出るようですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
0歳からの1年間は構いすぎるに越したことは無いというほどたくさん愛してあげましょう。
それが、未来の天才を生む教育方法に通じているのかもしれませんね!
ぜひ、試してみてください!

スポンサーリンク